スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

明日から4月です

こんにちは、看護師の橋目です[E:happy01]
桜[E:cherryblossom]が咲き始めてきていますね[E:heart04]

皆さん、お花見[E:cherryblossom]行かれましたか[E:sign02]

最近、雨[E:rain]が多いのでせっかくの桜が散ってしまいますね[E:down]

皆さんお花見行くならお早めに行ってくださいね[E:happy01][E:scissors]

そして、4月と言えば・・・

予防の時期です[E:dash]

4月から狂犬病予防接種がはじまります

予防注射接種料    :2,650円
登録手数料       :3,000円
注射済票交付手数料 :550円

※ご来院の際には、市町村からの封書、ハガキをご持参ください。
(写真は平成25年度より採用される神戸市の犬鑑札です。)

・当院は神戸市獣医師会に所属しており、登録や済票交付の手続きを行うことができます。
 鑑札や済票などは手数料をお預かりした上で,2~3週間後にご自宅への発送となります。
 お時間を要します事、どうぞご理解ください。
・ワンちゃんの健康状態によっては接種の延期をおすすめすることがあります。


病院の外に椅子おいてます。ご利用ください。

診察時間変更のお知らせ

・4月、5月は火曜日も診察いたします。

・狂犬病集合注射で院長が不在となるため下記の日程で診察時間が変更となります。

4月6日(土)
   午前の診察を午前9時~12時まで
  (午後は通常通りです)
4月7日、14日(日)
   午後5時~8時まで
  (午前は休診です)


よろしくお願いいたします。

春のお話し会、しました。

こんにちは。
院長の田端です。





3月16日(土)は院内で勉強会を行いました。






当日は当院のスタッフも一緒にお勉強させていただきました。
ご参加いただいた飼い主さま、どうもありがとうございました。

春からはいろんな予防がはじまります。

予防のタイミングだったり、つかうお薬だったり、色々あってこんがらがっちゃっいますね。
一度頭の中ですっきりと整理していただいて、効果的な予防をしていただけたらと思います。

そんなことが伝われば、と企画した勉強会でした。
さて、わかりやすくお話できていたでしょうか?

当日に使用した資料はご希望の方にお配りしています。
いつでも受付までご相談ください。


だいぶ暖かくなってきましたね。




海の方に目を向けると、淡路島や明石大橋が春霞でぼんやりしています。
ああ、もう春なんだなあ、とうれしく感じてしまいます。
(写真は鹿児島の桜島。こちらもかすんでます)
春はワンちゃんの予防だけでなく、入学だったり入社だたったり、いろんなことが始まりますね。
動物たちだけでなく、私たちも体調に気をつけて新しいシーズンを元気にがんばっていきましょう。

「震災で消えた小さな命展2」

春風がここちよい季節ですね。みなさんいかがお過ごしですか?
受付田端です。





先日3月7日神戸新聞の地域ニュースで動物に関する作品展の話題がありました。

東日本大震災から2年という月日が経ちます。
この震災では多くの動物の命も奪われました。
それを題材とした巡回作品展が神戸元町の大丸百貨店で
3月13日~19日まで開かれるというものでした。

この作品展には絵のほかに飼い主のメッセージも展示されているそうです。

震災で消えた小さな命展2
2013年3月13日(水)~3月19日(火)
会場:     兵庫県神戸市/大丸神戸店7階美術画廊
住所:     〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町40番地
時間:     10:00~20:00(最終日は17:00まで)
    入館料:無料
電話:     ぎゃるりー神戸/078-251-8880

3月4日

こんにちは。
院長の田端です。

今日、3月4日で、やまびこ動物病院はちょうど開院して半年となりました。









ささやかですが、スタッフとケーキでお祝い(?)

まだまだ、駆け出したばかりですが、よい病院をつくっていけるよう、
スタッフ一同がんばっていこうと思います。

そして、私事で恐縮ですが、先日誕生日を迎えました。





スタッフからお祝いのメッセージカードをいただきました。
とてもうれしかったです。
ありがとう。

さて、春からは、各種予防が始まります。
ノミ・マダニに関しては、環境にもよりますが今月からの予防をおすすめしています。
詳しくは、前回のブログ記事で。

この場をかりて、改めて、当院からのお知らせです。
3月16日(土)~春からの予防~お話し会
春からの予防の目的やそれらに関する疑問にスタッフ(主に院長)が頑張ってお答えします。
時間:午後3時から (1時間程度の予定)
場所:やまびこ動物病院内
参加料:無料 (当院の患者さんでなくてもOKです。)
※準備がございますので、参加ご希望の方は前日までにご連絡ください。

休診日のお知らせ
3月20日(水曜日)は祝日のため休診となります。

3月の火曜日は通常通り休診日となりますが、
4月~5月は火曜日も診察いたします。(祝日は休診)


よろしくお願いします。

3月になりました(^^♪

ついに3月になりましたね[E:note]



今日は久しぶりの登場!!看護師の石橋がノミとマダニについてお話します(^^♪



暖かくなってきたので、ノミやマダニの活動が活発になる季節です。

ちなみにノミは気温が13℃あれば卵から成虫までのライフサイクルを
繋げることができます[E:sweat02]

つまり冷暖房完備の家の中はノミにとっては快適で
一年中ノミが繁殖できる環境だと言えるのです[E:sweat01]




ノミは毛を掻き分けると見つけることもありますが、

体長2ミリととても小さくすばしこいため捕まえることは困難です。

しかしノミの存在を知りたかったらノミの糞を探しましょう!



毛の根元に黒くて小さいゴミのようなものがあったら湿ったティッシュに

のせてみて、溶けてティッシュが赤茶色くなったらそれはノミの糞です。



マダニはお散歩で草むらに入ったり、山にハイキングに行ったりすると

ペットの顔の周りやお腹に小さなホクロやイボのように見えるものが
マダニなんです。
家にいるダニよりも大きいのが特徴です。




マダニは顔や耳、お腹、足など柔らかい皮膚のところに

とがった口を刺し込んで血を吸います。

一度刺し込んだ口は、セメント様物質で皮膚にがっちりと固定してしまうので

ちょっとしたことでは抜けなくなっています。

なのでマダニを見つけたからといってむやみに引きちぎってはいけません。
マダニの一部が皮膚の中に残ってしまい、ひどい炎症になってしまうことがあります[E:sweat01]



このようにノミやマダニはそのままにしておくと怖い病気になってしまうので

その子の体や環境に合ったお薬を選んで予防してあげましょう[E:note]


(写真提供:国立感染症研究所昆虫医科学部)


当院ではフロントラインプラス、マイフリーガードなどノミ、マダニ予防のお薬を3月より値下げ致しました(*^^)v



分からないことなどがありましたら、

お気軽にスタッフまでご相談ください[E:note]