スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

カウントダウン

皆さん、看護師のHです(*^^)v

今年も残りわずかになりました(T_T)泣

あっという間に今年も終わりますね~1年が早いですね(+_+)


今年9月に『やまびこ動物病院』が開院して早くも年末を迎えています。


皆様の家でも大掃除で大変ではないでしょうか??

当院も大掃除の最中ですよ\(^o^)/

病院を綺麗にし皆様に気持ち良く当院の『入口』に足を踏み入れて頂けたら、と

スタッフ一同、頑張っていますよ~\(^o^)/笑


今年の9月から病院が開院して、沢山の飼い主様に出会い、

1人1人飼い主様とお話しさせて頂いて、

ご家庭でのご様子のワンちゃんやネコちゃんの事も聞かせて頂きました(*^^)v

病院に来られて元気に帰っていく姿や飼い主様が笑顔でご様子が良いという言葉を聞くたびに、ことらも嬉しかったです(^^♪

皆様に出会えたことが私にとっては、良い1年でした\(^o^)/


この年末年始は寒さが厳しそうです。

ワンちゃん・ネコちゃんのご様子もしっかりとみてあげて下さいね(*^_^*)
当院は明日、30日まで診察を行っています。(午前10時~午後2時)
よいお年をお迎えくださいね\(^o^)










年末進行

こんにちは。

みなさんはよいクリスマスを過ごせましたでしょうか?

世の中のお父さん、お母さんをはじめ大人の方々はお疲れ様でした。

今年も残すところあとわずか。

気を緩めずに、しっかり頑張りましょう。

==やまびこ動物病院 年末年始の休診について==
12/31(月)~1/3(木)まで休診となります。
新年は1/4(金)より通常どおり診察いたします。







夜間救急動物病院について

残念ながら、兵庫県下では夜間救急を専門としている動物病院はありません。(2012年12月現在)

万一の際には下記の夜間救急動物病院を受診されることもご検討下さい。


所在は大阪府になりますが、神戸市西区からでも車で1時間前後で到着できると思います。

どちらも救急医療については実績のある病院です。


一方、夜間救急という性質上、治療費は一般の動物病院とくらべて高額となることもあります。

ご注意ください。


北摂夜間救急動物病院(年中無休
※12月30日(日)~翌年1月3日(木)の5日間は 診療受付時間を午後5時より翌朝午前6時で対応していただけます。
必ず事前にお電話にてお問い合わせください。

診察時間:20:00~6:00 (日曜日のみ14:00から診療受付あり)

電話番号:072-730-2199
住所:大阪府箕面市船場東2-3-55 動物救急医療センタービル

補足:カーナビをご利用の場合、の072-730-2199ではひとつ裏の通りへの誘導になる場合がございますのでご注意ください。



ネオベッツ夜間動物救急センター(年中無休)

必ず事前にお電話にてお問い合わせください。

診察時間:21:00~5:00

電話番号:06-6977-3200
住所:大阪市東成区中道3-8-15    

補足:阪神高速 法円坂、森之宮から長堀通りに南下し、左折(東向き)で玉造駅を越えて最初の信号手前、すぐの北行き一方通行を北へ180m

メリークリスマス

世の中のお父さん、お母さんは頑張り時でしょうか?



お疲れ様です。

皆さんにとって、素敵なクリスマスになりますように。


寒いですね

こんにちは。受付・田端(瑞)です。

今年もいよいよあとわずかとなりましたね。

12月の21日は地球滅亡説もあったようですが・・・いつもと変わらずの受付田端です。


ここ最近冷え込みが厳しくなり、体調を崩しがちなオーナー様もいらっしゃるかもしれません。

カゼ薬を常備されているお家も多いと思います。

ヒトのカゼ薬に含まれている成分はワンちゃんやネコちゃんにとってはちょっと危険。

命に係わるような中毒の原因になることもあります。

ヒトのお薬は動物の口にしやすいところにはおかないように注意しましょうね。



そして、この連休はクリスマスパーティをする方も多いのでは・・・。

フライドチキンの骨やアルミホイル、オードブルにある串を食べてしまうと大変です(>_<)。



ご家族の皆さんで気を付けてあげましょう。


2012年の残り日数を健康で楽しくお過ごしくださいね(*^_^*)






当院は明日24日(月)と25日(月)は休診となっております。

年末年始は12/31(月)~1/3(木)までお休みいたします。

よろしくお願いします。






温泉に行きたい!

こんにちは(^^♪看護師のIです(^_^)/~

毎日とても寒いですが、わんちゃんやねこちゃんの体調は大丈夫ですか?

寒がりの私は毎日どれだけ着こんだら寒くないか悩んでます(笑)


こんなに寒いとゆっくり温泉にでも行きたくなりますね(*^。^*)

動物たちも同じことを思ったのか、温泉に入ってる動物もいました!!!

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2915582/9958291

世界で唯一、温泉に入る地獄谷のおサルさん\(゜ロ\)(/ロ゜)/

地獄谷のおサルさんは昔から温泉に入っていた訳ではないんです。

ある時、子ザルが偶然にも野猿公苑の近くにある露天風呂に入ることを覚えて他のおサルさんもつられて温泉に入るようになったらしいです。

今ではおサルさん専用の露天風呂が作られたみたいですよ!


おサルさんが温泉に入るのは寒さをしのぐために身につけた知恵です。

なので温暖な時期には入る必要がないので積極的に温泉には入らないみたいです。


ちなみにおサルさんたちは湯冷めしないんですって(ー_ー)!!

ヒトは皮膚の汗腺から汗を出してその気化熱で体温を調節しているので

湯上りに必要以上の熱を出してしまい、急激に体温が下がり湯冷めします。

でもおサルさんのように全身を毛で覆われた動物は汗腺がなく、汗をあまりかかないので急激な体温変化が起こりにくいのです。

さらに寒冷地適応で体の末端の毛細血管が収縮し体温を奪われない機能が発達しているので湯冷めはしにくいと言われています。

雪の上で裸足で暮らしていても霜焼けにならないのもそのためなんです!!!

うらやましいですよね


2012年も残り少なくなってきましたが、風邪など引かないように気を付けて2013年を元気に迎えましょう(^.^)/~~~

年末年始の休診について

 年内は12月30日(日曜日)まで診察いたします。
12月31日~1月3日までは休診です。



・フードについて
 年末年始は販売店・メーカーがお休みとなり、急な対応ができなくなります。
 当院での在庫にも限りがございますので、お早目の準備をおすすめします。
すっかり寒くなりましたね。



クリスマスも目前に控えて、院内も少しだけそれらしく飾り付けをしてみました。

受付のリースとか、窓のペイントとか。

どうでしょうか?











岡山にいってきました

こんにちは。院長の田端です。

12月にはいって、急に寒くなりましたね。

寒さが苦手の僕には堪えます。


先週、所用で岡山に行くことがあり、その際に私の師匠である下田哲也先生が院長を務める、山陽動物医療センターにお邪魔させていただきました。

この春に開業準備のために退職してから、9ヵ月ぶりの訪問です。

相変わらず、立派な病院でした。

下田先生とは11月に学会でお会いしていましたが、やはり、病院で白衣姿でおられるのが私にはしっくりきました。






開業してからの近況などをいろいろとご報告。

「そうか、そうか」と聞いてくださる下田先生。

そしてやっぱり緊張してしまう私なのでした。

もちろん、下田先生はまだまだ臨床の第一線で活躍されています。

今までも、これからも、私にとっての目標となる先生です。


そして、その夜は元同僚の先生たちと地元のラーメン屋さんへ。








このお店では、大人の握り拳ほど大きさの巨大な唐揚げを出してくれます。

唐揚げ好きには堪りません。(ラーメン 若大将

そんな唐揚げと並んでおすすめなのはラーメン(塩)と炒飯セット。






具沢山の炒飯が絶品です。


師匠に激励(?)され、同僚たちと懐かしい話に花が咲いた、貴重な休日でした。

院内セミナー(スタッフ向け)やりました

受付のTです。

紅葉シーズンももう終わりになりそうですね。





みなさんいかがお過ごしでしょうか?


先日は当院に講師をお招きし、院内セミナーを行いました。





今回の勉強内容は「高齢動物の健康と食事について」です。


自分の家のワンちゃん、ニャンちゃんが人間の年齢にあてはめると一体いくつぐらいになるかご存知ですか?

猫や小~中型犬では
1年=15歳
2年=24歳
3年目から1年毎に4歳づつ、

大型犬では
1年=12歳
2年目から1年毎に7歳づつのスピードで歳をとっていきます。















そのため、7歳くらい(大型犬は5歳)からいわゆる「シニア(高齢)」の年代に入っていきます。


そんなシニアの動物の体の特徴や栄養上の注意点、多くみられる病気とその症状などについて90分にわたってお話していただきました。


高齢の犬・猫では心臓や腎臓の病気、そして関節炎などが多くみられ、シニア用のフードはそれらの病気に配慮した組成になっています。

もちろんそれぞれの病気に特化した専用の療法食もありますが、
なんと、犬の認知障害のための療法食まであることを知りびっくり!


知っているようで、意外と深い健康と食事についての講義でした。